プログラマプログラマの教育の必要性

ある企業がプロジェクトを発足して、要件定義からサービス開始までの間に、長い工数をかけて作り上げる工程に「テスト工程」があります。
この工程は、プログラマと呼ばれる要員が大まかに「コード化」作業、「デバック」作業の二つについて作業します。

「コード化」は、システムエンジニアやユーザなどが設計したプログラム外部設計書や内部設計書、インターフェース設計書、フローチャートなどを参考にして、与えられた言語でプログラミング(コード化)を行うことをさします。

「デバック作業」は「コード化」したプログラムが実際、設計書どおりに動くのか試験項目をつくり、実際動かすことで確認をとる作業となります。
この「デバック作業」は工程が長く、「単体テスト」、「結合テスト」、「総合テスト」などにわかれ、あらゆる角度からのテストを行うことで不具合を消していく作業になります。

これらの作業を引き受けるプログラマは、技術力がないとつとまりません。
これらの作業を使いこなす教育として、「基本情報処理技術者」などの資格が大いに役立ちます。
資格が役立つというわけでなく、資格勉強をすることで知識が豊富になり、経験によって更に技術のステップアップもすることが出来ます。

また、ベンダー試験などで「プログラミング言語認定能力検定」などを勉強する教育も有効です。非常に内容の濃い勉強をしなければ、合格できない難関検定もたくさんあり、プログラミングの技術に磨きをかけ、難易度の高いプログラミングもできる基礎にもなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です