最近のプログラマの教育方法

プログラマを教育するには、最初に演習形式の入門書を本人に与え、本を参考に実際にパソコンにコードを撃ち込ませながら、演習を行わせます。必要であれば、事前に簡単な説明会を行うこともあります。
しかし、最近の新入社員などは、パソコンを使い慣れているため、さほど事前説明会が必要なことはありません。

最近の新入社員は、すでに大学などの教育機関にてプログラミングを経験済みの人が多いため、比較的当初から、実践的な業務に付けることが多いです。

一般的には、先輩がある程度プログラムの雛形をつくり、その雛形にたいして実際に機能をインプリメントさせる手法が取られます。

実践的なプログラムを組むに当たって、一つだけ、『インターネットで検索しても良い』という条件を付けるのがポイントです。
最近のインターネット上にはプログラミングテクニックが数多く無料で公開されています。
これらの情報を参照することにより、比較的難易度の高いプログラムでも完成させることが可能になります。

プログラムを開発する上でのセンスは、発想力が大事なので、諸先輩プログラマの経験を押し付けるといい発想ができません。
よって、教育するときに詳細なプログラムの組み方まで指導してしまうと、新しい発想を殺してしまう可能性もあります。そのため、あえてあまり過保護にならないように教えることが大事といわれています。
ある程度、自由に作業させることにより、良いプログラマが育つといわれています。

自由な環境からさまざまな発想が生まれ、エンジニアがより高度な技術を身につける場合も多くあると言えます。
企業で多くを学び、さらにスキルアップしていくエンジニア、経験を積みフリーランスとして活躍を目指すエンジニアなど人それぞれのキャリアがあります。ただ一つ言えることは、その職種をきちんと知ることです。良い面ばかりを見ず、デメリットや苦労する部分にも目を向けることが今後のキャリアをよりよいものに変えていく手立てとなるでしょう。

独立した場合のメリットでもある高額案件情報やデメリットでもある事務作業の多さなど、しっかり情報は集めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です